新年御挨拶 | レディース&マタニティクリニックサンタクルス 兵庫県 西宮市 宝塚市 芦屋市近隣 夙川駅 苦楽園口駅 産婦人科

新年御挨拶

 

医療法人社団 サンタクルス
理事長 吉田 昌弘


~すべてはこの笑顔のために~

あけまして、おめでとうございます。
今年は 宝塚クリニック開設10周年の記念すべき年となりました。
昨年度は、サンタクルスグループで、約1500名のエンジェルを、この世にお迎えし、今まで延べ約2万人以上のサンタクルスbaby が誕生いたしました。麻酔科医師による麻酔分娩(無痛分娩)も、事故なく、延べ1000 例以上を数えます。
また、ママの不安を解消すべく、年間約1000例の出生前検査、遺伝カウンセリング、約100例の羊水、絨毛検査を、サンタクルスグループが担当させていただきました。命の重さと向き合い、重要性をひしひしと感じる次第です。
昨年度は新たに、ART (高度不妊)センターがオープンし、今年は当院で行った体外受精、顕微授精で妊娠されたお母さまが、出産を迎える予定です。また、Club SANTA CRUZのお子様対象に、日曜小児科診療を開始します。
不妊治療、出生前診断、妊娠分娩、そして子育てとすべての過程をスペシャルにサポートできる体制を目指してまいります。

周産期医療は24時間365日、そしてお母さん、お子様の二人の命を預かっています。「命」の現場は時に過酷で、瞬間の判断を迫られることもあります。この二つの大切な命をと向き合い、24時間体制を維持するためには、単独の医師では不可能です。多くの産婦人科医師、小児科医医師、麻酔科医師、もちろん助産師看護師が携わり、「チーム医療」でこの笑顔を守ります。

どれだけ、建物が豪華になっても、どれだけ、多くの患者さんを扱おうとも、どれだけ診療科が増えようとも、一人一人を大切にするサンタクルスのスピリットは変わりません。一緒に笑って、一緒に悩んで。

今年もたくさんの「笑顔」に出逢えますように。