出生前診断コラム① 遺伝カウンセラーってどんな人? | レディース&マタニティクリニックサンタクルス 兵庫県 西宮市 宝塚市 芦屋市近隣 夙川駅 苦楽園口駅 産婦人科

出生前診断コラム① 遺伝カウンセラーってどんな人?

出生前診断コラム① 遺伝カウンセラーってどんな人?

カテゴリー: 出生前診断 |

こんにちは、遺伝カウンセラーの青木です
今回は遺伝カウンセラーというお仕事について少しお話させていただきます

遺伝カウンセラーという資格は、医師・看護師などと違い国家資格ではありません。
変な話、心理カウンセラーと一緒で自称遺伝カウンセラーと名乗る人がいたとしても、罰することが出来ないということになってしまいます……
そんな不安定な状態を防ぐために、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会という二つの学会がH17年4月より認定試験を行い資格を与えているのが、認定遺伝カウンセラーと呼ばれる資格です。
ただ、現在では全国で14か所にある専門の大学院を卒業して初めて、試験への受験資格が得られるため、まだまだメジャーな資格にはなっていないのが現状です。 
ちなみに、現在日本全国では182名の認定遺伝カウンセラーが活動しています。

認定遺伝カウンセラーの主な業務としては、「質の高い臨床遺伝医療を提供するために臨床遺伝専門医と連携し、遺伝に関する問題に悩むクライエントを援助するとともに、その権利を守る専門家」(認定遺伝カウンセラー制度規則第1章第1条より)とされています。
主な就職先としては、病院では産婦人科、不妊クリニック、腫瘍専門病院、神経内科、皮膚科、眼科、耳鼻科などなど様々な科に属しています。また、企業では遺伝学的検査を行っている検査会社などで活動していることが多いようです。
私のメインのお仕事は、サンタクルスの産科分野において、生まれてくる前の赤ちゃんの検査――出生前診断の説明、検査後のフォローなどになります。
産科は病院の中で一番「おめでとうございます」が多い科にはなりますが、その分すごくシビアなことが起こった時に、悩み、深い悲しみを抱えてしまう患者様(遺伝カウンセリングではクライアントと呼びます)は多くいらっしゃいます。
そんなクライアントの方と一緒に悩み、知識がないから悩んでしまうということがないように、寄り添い、必要な知識を提供することを第一の業務としています。

こんな風に説明するとすごく大それた資格のようですが、要は相談できる遺伝に詳しい姉ちゃんだと思っていただければいいかなぁーと思ってます。
いつでもご相談も受け付けておりますので、ご連絡ください。

次回は遺伝の基礎である、染色体・ゲノム・遺伝子とはを説明していきます!